墓場まで持っていかなければ・・・。

これは専門学校に通っていた時にいた友人Aの話です。Aとは学科同じで喋る事もありましたが、学生生活に慣れていく度にAの言動が目につくようになりました。Aは相手を見下す事がありました。ネットなどが好きでパソコンには詳しいのですが、ネットで見る情報はすべてゲームだけでなので否定的な考えがAの中で常にありました。

そして空気も読めません。Aの空気の読めない事は特に苦労しました。昼休憩の時に同じ学科の友人とくだらない話をして楽しく食事をしていた時にAから水をさす一言が入り、一気に場が冷めてしまいました。このような事が多かったです。

最初にAの言動を苦手だったのは私と仲の良い友人Bの2人だけでした。しかし学科で長期のグループワークで上記のような言動を繰り返してしまい、同じ学科の人全員から嫌われてしまいました。最後は学校にきませんでした。

私は結局、みんなが言動を注意しても直す事はなく、そして相手の気持ちも配慮せず、人の事は言えないのに見下したりした天罰だと思いました。ちなみに私はAと比べると学んでいた技術は全然ありませんでしたが、みんなからは好かれていました。

しかも実家が貧乏だったので生活するために学生キャッシングをりよす売ることもあったのですが、そういうときにも友人たちは偏見の目で見なかったのはありがたかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

" "