墓場まで持っていかなければ・・・。

おいしいものが大好きな私の楽しみは外でのランチやティータイムです。

メニューに載っているおいしそうなスィーツや評判のいいお店で食べたいものを注文し、味わう瞬間がなによりも最高の時間です。

だけど外食はおうちで食べるよりも当然割高です。いつもいつも値段よりも食べたい本能に従っているとお財布の中身はさみしくなってしまいます。
給料日前は勿論、突然の冠婚葬祭の支出があったりすると外食に使えるお金は一気に減ってしまいます。
そんなときは外食を減らしておうちごはんに切り替えるか、外食で食べたいものより値段を優先して注文を決めてしまうかです。

おうちごはんは料理が得意でないため、手間と味を考えるとあまり選択したくないのですが、値段で食べるものを決めるのもちょっとせつないところです。
予算を決めてからメニューを見ると、だいたい食べたいものは予算オーバーになってしまいます。
なんとか誘惑に負けず頑張って予算内で納めると、わがままなのか満足できることよりも「ああ、あれが食べられなかった」
と思ってしまうことの方が多いです。ましてや周りの人が食べたかったものを食べていたときは余計に「あれにすればよかった~」と思ってしまいます。

そして予算を決めたときやあきらめたときほど、「今だけ限定」とか「季節もの」などの魅力的な言葉がメニューや店頭に踊る気がして、いやでも目に付くのです。
そういうものはだいたいおいしい、だけど勿論予算オーバーになるのが世の常。お金がないから余計に気になるのかもしれません。

そしてお金が無い時に限って、お友達から食事のお誘いがくるものです。
そんな時には≪主婦借入≫←このサイト^^
もちろん主人には内緒です。おいしいものを我慢する日々が続くとどうしても・・・・。

好きなものを好きなだけ食べるってお金があるときには当たり前のようにできますが、ないときにはとても贅沢なことだとしみじみ感じます。
本当はあきらめて外出もせず、おいしいものの情報を集めないようにするのが一番お金を使わない方法なのですが、趣味を封印してしまうのもさみしいものです。
うちょっとアルバイトでもしてお金を増やすことを考えた方がいいかもしれません。

" "